訪問看護
◆まちのナースステーション八千代の訪問看護の特徴

終末期・特定疾患・糖尿病・認知症の方などの実績が多数あります。

24時間対応で、住み慣れたわが家で安心して暮らせるようにチーム体制で支援しています。

◆営業日時

通常営業日 月〜金 9:00〜18:00​ (24時間対応あり)

​定休日   土日祝日・年末年始

◆訪問看護をご検討中の方へ

​訪問看護は、病気や障がいを持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。
訪問看護サービスは小児から高齢者まで病気や障がいのある方に、ご利用いただけます。かかりつけ医やケアマネージャー、保健センター等、関連機関と連携して自宅で過ごせるよう支援致します。医療保険と介護保険の双方に対応できます。

ご利用は、まちのナースステーション八千代、入院している病院のソーシャルワーカーや看護師、かかりつけ医、地域包括支援センター、ケアマネジャーにご相談ください。

◆訪問看護の内容

専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

■療養上のお世話
身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導

■病状の観察
病気や障がいの状態、血圧・体温・脈拍などのチェック

■医師の指示による医療処置
かかりつけ医の指示に基づく医療処置

■終末期ケア
がん末期や終末期などでも、自宅で心穏やかに過ごせるよう適切なお手伝い

■認知症ケア
事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス

■医療機器の管理
在宅酸素、人工呼吸器、点滴や栄養注入時使用するポンプなどの管理

■退院準備・相談
自宅で退院後も穏やかに生活できるようアドバイス

■外出支援
通院や旅行などが、病気や障がいのために困難な時に同行

■床ずれ予防・処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの処置

■在宅でのリハビリテーション
拘縮(こうしゅく)予防や機能の回復、嚥下(えんげ)機能訓練等

■予防看護
低栄養や運動機能低下など療養生活における2次的なリスクを防ぐアドバイス

■外出支援

外出・旅行時などで看護師の同行を希望される場合は、保険適用外で対応いたします

■看護小規模多機能型居宅介護に移行も応相談

訪問看護と同じ看護師が、看護小規模多機能型居宅介護でも対応します。詳細はご相談ください。

​◆訪問看護で利用できる保険

 

注)がん末期は医療保険となります。

※1 厚生労働大臣が定める疾病等の利用者
○末期の悪性腫瘍 ○多発性硬化症 ○重症筋無力症 ○スモン ○筋萎縮性側索硬化症 ○脊髄小脳変性症 ○ハンチントン病 ○進行性筋ジストロフィー症 ○パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに限る。)) ○多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群) ○プリオン病 ○亜急性硬化性全脳炎 ○ライソゾーム病 ○副腎白質ジストロフィー ○脊髄性筋萎縮症 ○球脊髄性筋萎縮症 ○慢性炎症性脱髄性多発神経炎 ○後天性免疫不全症候群 ○頸髄損傷 ○人工呼吸器を使用している状態
※2 加齢に伴う特定疾病
○がん(医師が一般に認められている知見にもとづき回復の見込がない状態に至ったと判断した場合)【がん末期】 ○関節リウマチ ○筋萎縮性側索硬化症 ○後縦靭帯骨化症 ○骨折を伴う骨粗鬆症 ○初老期における認知症【アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体病等】 ○進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性及びパーキンソン病【パーキンソン病関連疾患】 ○脊髄小脳変性症 ○脊柱管狭窄症 ○早老症【ウェルナー症候群等】 ○多系統萎縮症【線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳萎縮症】 ○糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 ○脳血管疾患【脳出血、脳硬塞等】 ○閉塞性動脈硬化症 ○慢性閉塞性肺疾患【肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎】 ○両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

◆訪問看護の利用料

利用する保険の種類(医療保険か介護保険か)や自己負担割合、公費負担医療やその他の利用者負担(自費)によって変わってきますので、お問い合わせください。

※公費負担医療
 こども医療費助成、小児慢性特定疾患、特定疾患研究事業、重度心身障害者(児)、生活保護 など
※その他の利用者負担(自費)
 医療保険の場合:保険適用時間を超える訪問、休日の訪問、交通費、駐車場代
 介護保険の場合:保険適用時間を超える訪問、介護保険給付の支給限度額を超える場合、6kmを超える場合の交通費
 その他:外出旅行支援、エンゼルケア
※費用(自己負担額)の目安
・がん末期の方に医療保険に週2回(月8回)訪問した場合
 1割負担の場合 9,320円~/月
 3割負担の場合 26,232円~/月
 ※訪問状況等に応じて別途加算がつく場合があります。

※外出支援(保険適用外)

 利用できる方は、まちのナースステーションで訪問看護を利用されている方のみです。

 スポット対応は致しておりません。(医師の訪問看護指示書が必要となります)
 6,000円/1時間(税別)を目安に都度御見積もりとなります、(交通費・宿泊費は実費精算)

 

「まちナース」並びに「まちのナースステーション」並びに「むすんでひらいて」は株式会社まちナースの登録商標です。

 © 2010-2019 Machi Nurse Inc. All Rights Reserved.