看護小規模多機能型居宅介護アイコン.png
看護小規模多機能型
​居宅介護
_03_1838.JPG
◆看護小規模多機能型居宅介護
​まちのナースステーション八千代 むすんでひらいて

訪問看護・訪問介護を中心に利用しながら,必要に応じて

通い・宿泊 を利用できる一体型の在宅支援サービスです。

住みなれた地域で自立した生活ができるよう支援します。

《特徴》

「訪問看護(理学療法士等によるリハビリを含む)」「訪問介護」「通い」「宿泊」「相談,援助等」のサービスを一体的に受けられます。

「通い」や「宿泊」のときにも,訪問看護師から日常生活上必要な医療処置が受けられます。

 限られた時間の「訪問看護」「訪問リハビリ」「訪問介護」のみの場合に比べ,スタッフがより多くの時間を利用者とともに過ごすことで,体調・生活・精神の状態をトータルに把握してケアに生かせるため,利用者の自立度が高まり,病状の悪化防止・予防にも高い効果が期待できます。

 契約する事業所が1つなので連絡などの手間が少なく,その時々に応じたサービスを柔軟に利用できます。

 要介護度に応じた月額固定の包括報酬(食費や宿泊費は別途)なので安心して利用できます。

◆ケアマネジメント

ケアマネジャー(内包型)が配置されています。

顔なじみのスタッフが体調・生活・精神の状態をトータルに把握したケアを提供できるようケアプランを作成します。

相談・支援等,医療系サービスの利用や福祉用具の利用方法など,介護に関する相談,援助等を行います。

◆訪問看護(9:00〜18:00)※24時間対応体制あり
◆訪問介護(随時365日)

看護師等が療養上のお世話,病状の観察,医師の指示による医療処置,終末期ケア,認知症ケア,医療機器の管理,退院準備・相談,床ずれ予防・処置,リハビリテーションなど,安心して在宅療養が継続できるようチーム体制でケアをします。また,ヘルパーが訪問し安否確認等の必要な支援をします。

◆通い(9:00〜16:00)※車椅子送迎可

通常のデイサービスと違い,固定された時間帯にとらわれず,御本人や御家族の状況にあわせた時

間や方法で御利用になれます。仲間づくりに適した少人数で,楽しい時間を共有できます。お食事

だけや入浴だけといった利用方法や,必要に応じて看護師等から医療的ケアを受けることもできます。

◆宿泊(16:00〜翌9:30)

御本人や御家族の「いざという時」(退院直後・病状変化時・主介護者のレスパイド・おみとりの時期など)に御利用いただけます。二人部屋もありますので,終末期を御家族と一緒に過ごすこともできます。また,医師の指示のもと痛みの管理や症状緩和などにも適切に対処して,ターミナル期を支えます。

◆御利用対象者

・要介護(1〜5)の認定を受けている八千代市在住の方

・医療ニーズのある方 例)がんなどで終末期の方,特定疾患の方,糖尿病の方,認知症の方など

・特別な管理が必要な方も対応可 例)気管カニューレ,留置カテーテル,在宅酸素,経管栄養,人工こう門,じょくそうなど

◆登録定員・利用定員

 登録定員:24名,通い定員:12名,宿泊定員:5名

◆御利用内容

 利用時間:24時間365日

 利用料金:介護保険の自己負担額は毎月定額

 (他に食事代・宿泊費は別途必要です)

※利用料は要介護度や疾患などで変わります。介護保険(疾患によっては一部医療保険)を御利用できます。

 詳細はお問い合わせください。